大人ニキビ

赤みのあるニキビ跡を化粧で隠す@すっぴんがキレイになりたい

大人ニキビ

ニキビ跡は薬を塗っても治らなくて、悩んでる女性がおられます。
特にあごあたりがひどくで赤みが消えないという共通点があります。
人によっては「あか」ではなくて「茶色」と表現される方もいます。


皮膚の白さに個人差があるので、色の違いは多少でますし、
同じものをみても色の表現方法に差はでるのはしょうがありません。


勇気をだしてエステや皮膚科に通っても改善することはなく
メークで隠す毎日。彼氏にすっぴんは絶対見せられないので
お泊まりや温泉旅行も薄化粧という人も多いのではないでしょうか?



仕事や人間関係でストレスを抱えた女性が急増しており、
睡眠不足や食事のかたよりでお肌がボロボロになって
大人にきびに悩んでいる人がたくさんおられます。


その先に赤みのあるニキビ跡が残るわけですが、
これは顔にできたにきびの数に関係なくあとは残ってしまいます。


ネットで調べている人ならハイドロキノンをご存じかたと思います。
ニキビ跡の色素沈着した肌をきれいにする効果が期待できると
サイトで書かれていますので、知名度は高いです。


自己処理を前提でお話しますと、ハイドロキノンを
どのように自分のにきび対策に取り入れていくのか悩みどころです。
@コスメを読んだだけでも大量の関連化粧品がありますから(汗)



わたしがおすすめしたいのはハイドロキノンでなくて「ビタミンC」
・・・と言われても「いまさら何を」と思われるかもしれません。
にきび対策では「ビタミンC」は有名成分ですからね。


ビタミンCと言っても種類がいろいろあります。そして浸透度も
全然違います。本当に浸透するものを使っておられるのか?
そこが重要で、もしそうでなかったら試す価値があるものをご紹介します。

→赤みのある肌に効果的な浸透度の高いビタミンC美容液に出会うまで







30代女性のニキビ跡の予防にお役立ちのビタミンC

大人ニキビ

phm12_0304-s.jpg

にきびやニキビ跡をけすには化粧品選びが重要
です。思春期ニキビや大人ニキビであろうと、
この原則がくずれることはありません。


とくに洗顔には力をいれていきたいとことです。
ビタミンCがニキビ跡のケアに良いとされてい
ますが、肌がきれいでないと浸透しません


赤ニキビや白ニキビ、黒ニキビなどが顔や背中
胸やデコルテ部分になどにできる思いますが、
炎症をいかにケアするかが重要事項なんです。


にきびが何度も同じところにできやすい女性
や、痒くて何度も潰してしまう人はニキビ跡
ができやすいので注意しないといけません。


なぜなら炎症が悪化すると色素沈着やケロイド
状になってしまう可能性があるからなんです。


ビタミンCはにきびの予防とできにくい肌への
改善に役立つ成分です。
ニキビ跡予防は元になるにきび対策が必須!


できてしまったニキビやニキビ跡にも効果的
なのがビタミンCですから美容液などで肌に
うるおいを与えていきましょう!!


>>大人ニキビ撃退1週間プログラム<<




30代女性の大人ニキビ跡のケアと予防には紫外線対策が重要

大人ニキビ


ニキビ跡のケアや予防で注意すべき点をお話させて
いただきます。まずは紫外線には最大の注意が必要!
洗顔や化粧水と同じくらい紫外線対策は重要です。


4月から9月までに年間の80%の紫外線がふりそそぐ
のですが、冬も含めて毎日UVカット対策は必要です。


育児や会社のストレス、妊娠中や生理前後に起こる
ホルモンバランんスの乱れと強い紫外線によって
ニキビができ、悪化してシミになることも。


ニキビ跡もできやすい環境に肌がなってしまいます
ので、紫外線対策はしっかりとしないといけません。
年間を通して日焼け止めを塗ることが必要です。


午後の日差しが強い時間の外出には帽子も必要です。
髪の毛は顔の2倍の紫外線を受けるともいわれてい
ますので髪の毛を守ってあげる必要があります。


洋服は黒っぽい色が紫外線をさけるのには適して
いるともいわれています。メラニン色素の繁殖を
さけるために出来る限りのことはしましょう。


30代をすぎると、たるみやシミについて少しずつ
注目が集まります。ニキビ跡の対策が実はたるみ
やシミの予防にもなっているのでがんばりましょう!




ニキビ跡のできやすい30代女性はUゾーンの徹底的なケアを

大人ニキビ


ニキビ跡の原因であるにきびにも世代別に呼び名が
ちがいます。10代のころの思春期ニキビ、
20代以降の大人ニキビ(アダルトニキビ)があります。


思春期ニキビの多くの原因が皮脂の過剰分泌である
のに対して30代以降に多い大人ニキビは様々です。


さまざまな原因のなかで、ホルモンバランスの乱れ
が特に大きいのではないかといわれています。
大人ニキビは同じ場所に何度もできます。


ですからニキビ跡になりやすい
のです。適切なケアをしていきたいものです。
あごや口の周りにボツボツができるのが特徴。


大人ニキビを作らないための予防と、
できてしまったにきびへのケアを
並行してすすめていきましょう!


規則正しい生活と
スキンケアが重要!!


大人ニキビができにくい体質へかえていくことは
短期間にできることではありません。じっくりと
腰をすえて根本からかえていく必要があります。


どのくらい頑張れば効果がでるの?と思われる女性
もいらっしゃるかもしれません。個人差があります
が、少なくとも数カ月単位でみないといけません。




TOPPAGE  TOP