赤みのあるニキビ跡を化粧で隠す@すっぴんがキレイになりたい

ニキビ跡は薬を塗っても治らなくて、悩んでる女性がおられます。
特にあごあたりがひどくで赤みが消えないという共通点があります。
人によっては「あか」ではなくて「茶色」と表現される方もいます。


皮膚の白さに個人差があるので、色の違いは多少でますし、
同じものをみても色の表現方法に差はでるのはしょうがありません。


勇気をだしてエステや皮膚科に通っても改善することはなく
メークで隠す毎日。彼氏にすっぴんは絶対見せられないので
お泊まりや温泉旅行も薄化粧という人も多いのではないでしょうか?



仕事や人間関係でストレスを抱えた女性が急増しており、
睡眠不足や食事のかたよりでお肌がボロボロになって
大人にきびに悩んでいる人がたくさんおられます。


その先に赤みのあるニキビ跡が残るわけですが、
これは顔にできたにきびの数に関係なくあとは残ってしまいます。


ネットで調べている人ならハイドロキノンをご存じかたと思います。
ニキビ跡の色素沈着した肌をきれいにする効果が期待できると
サイトで書かれていますので、知名度は高いです。


自己処理を前提でお話しますと、ハイドロキノンを
どのように自分のにきび対策に取り入れていくのか悩みどころです。
@コスメを読んだだけでも大量の関連化粧品がありますから(汗)



わたしがおすすめしたいのはハイドロキノンでなくて「ビタミンC」
・・・と言われても「いまさら何を」と思われるかもしれません。
にきび対策では「ビタミンC」は有名成分ですからね。


ビタミンCと言っても種類がいろいろあります。そして浸透度も
全然違います。本当に浸透するものを使っておられるのか?
そこが重要で、もしそうでなかったら試す価値があるものをご紹介します。

→赤みのある肌に効果的な浸透度の高いビタミンC美容液に出会うまで






TOPPAGE  TOP