皮膚科で治療

30代女性のニキビ跡治療にはエステか?皮膚科か?

皮膚科で治療


ニキビ跡のケアをエステでやってみよう!とお考えの
30代女性も多いのではないでしょうか?信頼できる
エステがあれば予算の許す範囲で利用してみましょう。


ただし 信頼できるエステを探すのはなかなか大変
ことです。一番いいのはエステ体験者に話しを聞く
のが一番ですが・・すぐに見つかるとは限りません。


もしお住まい周辺のエステ情報が入手できない場合
皮膚科を利用するのが無難です。エステでは治療
できない部分まで皮膚科ならできますので。


治療しながら、自宅ケアにも力を入れていかないと
いけません。まずは自分にあった化粧品選びです。
ビタミンC入りの美容液などがおすすめです。


ニキビ跡の赤み程度であればエステでもケアできま
すが凹凸になってしまったにきび痕に対しては、
エステや皮膚科の情報を集め、慎重に行動すべきです。



フォトフェイシャルのにきび治療の効果とは

皮膚科で治療

フォトフェイシャルというニキビ跡の治療法があります。
メラニンに対して光をあてるのでシミやソバカスを消す
のにも効果があると言われています。実際はどうなのか?

こう思う女性も多いのではないでしょうか?この治療法
はかなり個人差がありすぎて、おすすめできません。
まず肌が弱い人は確実にやってはいけない治療法です。


良いと言われているもので肌にあわないものはダメです。
例えばよくテレビや雑誌で芸能人を利用して宣伝してる
プロアクティブ!敏感肌の女性には刺激が強すぎです。

プロアクティブがダメで、フォトフェイシャルやっても
ニキビ跡に効果ありませんでした・・・という失敗談を
ブログで書かれてあるのを読んだことがあります。

残念ながら、効果がないのは肌にあわないからです。
フォトフェイシャルの良いところはピンポイントで
ねらった部分の治療ができるということなんです。


ただ深い凸凹になったニキビ跡に対しての効果は薄い
という話をよく聞きます。生活習慣の改善や化粧品で
にきびができにくい肌を地道に作るのが得策ですよ。




レーザー治療を何回受ければニキビ跡は消えますか?

皮膚科で治療


ニキビ跡に対してレーザー治療を一度は考えた女性も
多いと思います。治療法に対して様々な疑問があると
思いますので、質問の多いものについてお話します。


「レーザー治療を何回受ければ完全にニキビ跡が完治
しますか?」という質問が多いです。レーザー治療に
も種類がありまして、一言でまとめられません。


基本的には数回は受けないと完全に消すことはでき
ないと思います。しかも絶対消えるという保証はあ
りません。この点を考慮しないといけません。


費用は治療院によって異なりますが1回数万円はかか
ります。失敗例では、ニキビ跡のレーザー治療を受
けてシミのようになったというものがあります。


もちろん全てが失敗するということでもありません。
口コミで評判の良い治療院があれば、予算の範囲内
で受けてみるのもよいかもしれません。


ニキビのできやすい肌は 生活習慣の改善と化粧品
が重要ですので、失敗や再発のリスク、金銭面か
先にやれることを実践した方が良いと考えます。


よく眠り、バランスの良い食事や運動、ストレスを
発散して、洗顔や化粧水、美容液でスキンケアをし
ていくことで肌質を改善していくのがおすすめです。




ニキビ跡による赤みの治療にケミカルピーリングは有効か?

皮膚科で治療


ニキビ跡の治療に興味のある方や皮膚科に通ったことの
ある方なら ケミカルピーリングという
治療法を聞いたことがあるのではないでしょうか?


自己ケアでは改善しにくい段階のニキビ跡の治療に使わ
れることが多いです。ケミカルピーリングとは、薬剤を
使って肌の角質や表皮をとかしていく治療です。


こうすることで、一度リセットして、新しい皮膚をよみ
がえらせる治療です。ニキビ痕の治療ではグリコール酸
やサリチル酸が使われています(肌質にあわせて選択)


ディフェリンゲルを利用してもニキビ跡が改善されなかっ
たりする場合にケミカルピーリングを使うことがあります。
この治療のさいは紫外線対策が一番重要です。


治療中は通常の肌よりも皮膚が薄い状態になっているわけ
ですから紫外線の影響を非常に受けやすくなっています。
紫外線はシワ、しみ、たるみなど肌トラブルに発展します。


シワやしみ、そしてたるみの原因になりますので治療中は
最大の注意をはらってください。お肌が再生されるまでに
個人差がありますが、多少の期間がかかります。




ケミカルピーリングやエステの前に!ニキビ跡にはビタミンC

皮膚科で治療


ニキビ跡を治療する場合は皮膚科でディフェリンゲル
を処方される場合があります。薬を利用してニキビ跡
を薄くできたり、消すことができた女性も多いです。

ニキビは消すことができてもニキビ跡はなかなか
消すことができない女性が多いのが現状なんです。


症状がひどい場合は皮膚科での治療をおすすめしますが
すでに治療していても改善されない方や、症状が軽い方
には洗顔と美容液でのケアをおすすめします。


レーザーやフォトセラピー、ケミカルピーリングなど
ニキビ跡の治療法は症状に応じてさまざまありますが
基本は洗顔や化粧水、美容液などスキンケアです。


ニキビ跡を隠そうとしてファンデーションを濃くして
いませんか?アイシャドウ、頬紅も含めクレンジング
できちんと落としてあげな悪化させてしまいます。


注意してほしいのは休みの日にノーメークですごした
場合のクレンジングです。化粧はしてなくても肌に
ホコリが付着していますので、いつも通りしてください。


正しいクレンジングや洗顔方法とその後のスキンケア
については、後ほどお話させていただきますが、基本
をくずさないようにして継続していくことが重要です。


ニキビ跡の赤みがきえないと鏡の前で落ち込んだり、
ぼやいていても症状は突発的によくなることがあり
ません。自然治癒の可能性もありますが・・・・


行動すると決めたら、それを継続するしくみ作りを
どうするかを考えるべきです。あなたの生活習慣に
あった継続できる方法はあなたしか分からないのです。




TOPPAGE  TOP