種類

ケロイド状のニキビ跡を予防する方法

種類


にきびを潰したり、出来たあとのケアを怠るとケロイド状
のニキビ跡ができてしまうことがあります。火傷の跡のよ
うな形状をして茶色に近い色のにきび跡です。


凹凸のにきび跡と同じように自己ケアで消すのは難しいと
言われています。できてしまったものは皮膚科で治療する
のが一番いいです。


ケロイド状のニキビ跡を作らないようにするためには、肌
に傷をつけないように気をつけましょう。30代女性に多い
大人にきびは同じ部位にできやすので要注意です。


口の周りや、首や頬にニキビができるたびに潰していては
同じ部分の肌細胞が集中的に破壊されていきます。潰して
しまうと炎症が起きますので悪化しますので我慢ですよ!


油分の多いファンデーションやクリームの使用はさけて、
肌に刺激の少ないスキンケアをしていくのが大切です。


30代女性はターンオーバーが乱れる時期でもあるので、
角質ケアも積極的に行っていきましょう。化粧水を利用
していて、肌に馴染んでいないな~と感じたら要注意!


角質ケアにはクレンジングが重要です。古い角質をとり
のぞかないと栄養は奥深くに届かないですし、老廃物の
除去をじゃまするので気をつけてくださいね。





色素沈着したニキビ跡に効果的な市販薬と対策

種類

ilm19_ca06063-s.jpg
30代女性は家事や育児、さらに仕事で忙しくて医療機関
でニキビ跡の治療ができな方も多いかもしれませんね。
市販薬でにきび痕に効果的なものをご紹介しましょう。


口コミで評判の良いものはエーザイのチョコラ、さらに
エスエス製薬のハイチオールあります。しみやソバカス
に効果的ということで30代女性には有名なお薬です。


薬の効果には個人差があるので、どの人にも効果がある!
とは言い切れませんが、色素沈着を起こしたニキビ跡に
チョコラやハイチオールはいいと言われています。


薬の即効性はないので、継続して利用していくことが
必要になります。ハイドロキノンやトレチノイン
即効性があるのですが国内では販売されていません。


自宅でのニキビ跡ケアには、取り扱いが難しいからです。
ただしこれらの成分を含んだクリームなどの化粧品は
市販されるようになっていますのでお試しください。


にきびやニキビ痕の赤みが気になる女性は、市販薬を利用
しつつも、予防や美白対策かもかねてビタミンCを上手
に利用して傷んだお肌をケアしていきましょう!


>>ニキビ痕に効果的な高濃度ビタミンC<<




30代女性がニキビ跡を作らないための保湿ケア

種類

30代女性の大人ニキビの原因には、生活リズムの乱れや
食生活、ホルモンバランスの乱れなどがありますが、
肌の乾燥も原因のひとつです。働く女性の肌ケアとは?


夏になると赤ニキビがあごや口のまわりにポツポツ
突然できる女性はホルモンバランスの乱れというより、
皮脂分泌が多いのが原因だと考えられます。


クーラーがきいているオフィスはそれだけで女性のお肌
に最悪の環境です。お肌が乾燥してしまいます。
では乾燥するとどうしてニキビはできるのでしょうか?


その理由は 皮脂分泌が増加するからです。肌環境の変化
に対応して、防衛するために皮脂をたくさん分泌します。
この状況は非常ににきびやニキビ跡ができやすい環境!


重要なのは肌を乾燥させないこと。夏など暑い時期には
まず保湿を心がけましょう!冬だけではなくて保湿は
1年中を通して注意ないといけない最重要事項なんです。


女性は30歳にもなってくると加齢の影響を少しずつ
感じるようになります。10代、20代と比較して代謝
の遅れは顕著になるんで、肌にすぐあらわれます。


ニキビの原因は内面的なもの、あるいは外面的なもので
あろうと化粧水や美容液での保湿は重要ですので肌ケア
を継続してにきびの出来にくい肌にしていきましょう。



大人ニキビはホルモンバランスの乱れから|30代女性のケアと予防

種類

ニキビ跡はお化粧の仕上がりにも影響しますし、鏡で
毎日自分のフェイスラインにできたニキビを目にする
たび、ため息をつく30代女性も多いかかもしれません。


ホルモンバランスと大人ニキビの関係は非常に深いです。
あごや口の周りのUゾーンにできる大人ニキビの原因は
肌の乾燥、ストレス、加齢、生活リズムの乱れ・・・・

そしてホルモンバランスの乱れが原因です。にきびに関
していいますと女性ホルモンの"エストロゲン"や
"プロゲステロン"が具体的にあげられます。


この2つのホルモンは女性にしかない月経の周期に関連
して体内で分泌され続けています。働きはそれぞれ異な
ります。

ニキビを作ってしまうのがプロゲステロンです。排卵か
ら月経が起こるまでの黄体期に分泌されます。ですから
この時期はニキビ跡が残らないようにケアします。


エストロゲンは、お肌の調子をよくしてくれる働きがあ
ります。ここがプロゲステロンと違うところです。予防
の塗り薬にエストロゲンが配合されているのはそのため。


クレーター状のニキビ跡!出来始めでケアすること

種類

ニキビ跡とにさまざな種類があります。そのひとつに
"クレーター"と呼ばれているものがあります。月の
凹凸を表現したもので、耳にしたことあると思います。


クレーターみたいな状態のニキビ跡が肌に残っている
ということは、にきびの状態がひどかったと想像され
ます。炎症がひどく赤く膨れ上がったニキビ!

特徴としましては"痛み"を伴うことと、のちに膿を
もつようになることです。ふつうの肌トラブルだけで
はなく真皮(角質層の奥)にトラブルがあります。


肌の深い深い部分にトラブルを抱えていると凹凸状の
にきびができてしまうこともあります。この種類は
一度できてしまうと肌を元通りに戻すのは困難です。


初期の段階で適切なケアをして悪化させないようにする
ことが一番大切なんです。初期段階では市販の薬を利用
して処置します。洗顔をきちんとして清潔にします。


できれば界面活性剤を利用していない洗顔の利用を
おすすめします。洗浄力が強すぎるので必要な皮脂
も除去します。過剰な皮脂分泌の原因になります。


夏になると大人ニキビがよくできる30代女性の場合、
原因は過剰な皮脂分泌である可能性が高いのです。


手には細菌が付着していますので、きたない手でニキビ
にふれることのないように注意してくださいね。

TOPPAGE  TOP