ケロイド状のニキビ跡を予防する方法


にきびを潰したり、出来たあとのケアを怠るとケロイド状
のニキビ跡ができてしまうことがあります。火傷の跡のよ
うな形状をして茶色に近い色のにきび跡です。


凹凸のにきび跡と同じように自己ケアで消すのは難しいと
言われています。できてしまったものは皮膚科で治療する
のが一番いいです。


ケロイド状のニキビ跡を作らないようにするためには、肌
に傷をつけないように気をつけましょう。30代女性に多い
大人にきびは同じ部位にできやすので要注意です。


口の周りや、首や頬にニキビができるたびに潰していては
同じ部分の肌細胞が集中的に破壊されていきます。潰して
しまうと炎症が起きますので悪化しますので我慢ですよ!


油分の多いファンデーションやクリームの使用はさけて、
肌に刺激の少ないスキンケアをしていくのが大切です。


30代女性はターンオーバーが乱れる時期でもあるので、
角質ケアも積極的に行っていきましょう。化粧水を利用
していて、肌に馴染んでいないな~と感じたら要注意!


角質ケアにはクレンジングが重要です。古い角質をとり
のぞかないと栄養は奥深くに届かないですし、老廃物の
除去をじゃまするので気をつけてくださいね。




TOPPAGE  TOP